● 性依存症における誤魔化し

 依存行為を行っていると、どうしても嘘をつくことが多くなってしまいます。

 嘘は他人にだけつくのではありません。自分自身に対しても嘘をつくことが多くなっていきます。

 漠然とした不安感におそわれたとき、自分の気持ちにきちんと目を向けないまま、盗撮や痴漢といった性依存行為でまぎらわせてしまうようなことはありませんか? その不快感は、イライラだったのでしょうか、傷つきだったのでしょうか。いったい何が嫌だったのか、なぜいらだったのか、どんなことに傷ついたのでしょうか?

 そうした自分自身のこころの状態から目をそらし、性依存行為を行うことでうやむやにしてしまった経験は、多くの人が持っているはずです。性依存行為を繰り返し、自分のこころの痛みをごまかしたり、周囲の人に嘘をついたりしている限り、安定した人間関係や安定した生活を保ち、安定した精神状態を保つことはできません。

 自分の不安やいら立ち、ストレスなどに、きちんと向き合わず、性依存行為でまぎらわしても、根本的な問題は何も解決されず、ますます依存行為を頼るようになってしまいます。

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、性依存症治療のオンライン・グループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「性のオンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

【5月18日開催 無料オンラインセミナー】性問題行動の理解

 盗撮や痴漢といった、反復する性の逸脱行為の背景には、依存症の要因が強く影響しています。本人が「やめたい、やめなければならない」と思っていても、ある特定の状況になると、行為の衝動がうまくコントロールできず、再度行ってしまうケースが多いのです。

 本人も周りも、問題について注目がいってしまうことは自然なことです。しかし、問題の背景に「依存症の問題」が関係しているということに気づけないことが少なくありません。その行為が引き起こした結果ももちろん重要ですが、どうしてその行為自体にはまり込んでしまっているのかを、『性依存』という観点から理解することが改善には有効になってきます。

 本セミナーでは、臨床心理士が性依存症で困っている本人や周囲の方に向けて、性依存症の理解と支援の方法についてお伝えしていきます。自身の、あるいは近しい人の行動は性に関する依存行動なのか、そうだとしたら相談とはどのようにしたらよいのか、についてお伝えしたいと思っております。

* セミナーは5月18日(土)14:00~ オンライン開催です。

【対象】

性行動に課題・問題を抱えている当事者、周囲の人

* 本セミナーでは、個人を特定することはありません。

お申込みフォーム (google.com)よりお願い申し上げます。

 

【4月20日(土)無料セミナー案内】性依存症における課題

 性依存症では、性問題行・強迫的性行動にはまり込むことで「嫌なことを忘れ」、気分を大きく変えられることで依存が高まっていきます。依存行為を行うと、気分が劇的に変化するので、繰り返し同じ手段に頼るようになっていきます。

 そのうちに「より頻繁に」なり、エスカレートしていってしまいます。しかし、自分では問題を認めにくく、自分の行動もコントロールできない状態に陥っていることが特徴です。

 性問題に限らず、依存症に共通する特徴としては、衝動制御の問題があげられます。特定の物質摂取、行為、関係性についての「こうしたい」衝動が突然に湧き上がってきたり、スイッチが入ったようにある行為等への欲求が生じてくるのですが、この衝動や欲求に対して有効に対処する術を持たないという課題を抱えています。

 本セミナーでは、臨床心理士が性依存症で困っている本人や周囲の方に向けて、性依存症の理解と支援の方法についてお伝えしていきます。性依存症で悩んでいる方や、その周囲の方の一助となれば幸いです。

*無料セミナーは4月20日(土)の14:00~ オンライン開催です。

 

【対象】

性行動に課題・問題を抱えている当事者、周囲の人

* 本セミナーでは、個人を特定することはありません。

お申込みフォーム (google.com)よりお願い申し上げます。

【無料セミナー】盗撮・痴漢等の性依存症の理解と支援 4月20日開催

 痴漢や盗撮といった触法行為に至ってしまっているケースでは、意志の力ではどうにもならずに「やめたくても、やめられない」状態に陥っている人が少なくありません。性問題行動を抱え、本人もしくは周りが困っている状態にある場合、「性依存症」として理解し、支援していくことが重要となります。

 本セミナーでは、臨床心理士が性依存症で困っている本人や周囲の方に向けて、性依存症の理解と支援の方法についてお伝えしていきます。

 本人の抱えている問題・課題はそれぞれではありますが、例えば盗撮であっても痴漢であっても、性問題行動につながるきっかけについての考え方や、対処には共通している点が多くあります。本セミナーが性依存症で悩んでいる方や、その周囲の方の一助となれば幸いです。

 

【開催日・対象】

開催日:4月20日(土) 14:00~15:30

対象:性行動に問題・課題を抱えている当事者の方、周囲の方

※ お申込みフォーム (google.com)よりお願い申し上げます。

● 性依存症の治療の鉄則

 性依存行為に至りやすいリスクの高い状況は、電車などの混雑した場所、人気のない場所、ストレス、性的欲求不満、孤独感、ポルノやアダルトサイト閲覧などが代表的です。

 ただ、どのような状況はリスクが高いのかは、人によっても異なります。その人によってハイリスクな状況を「引き金」といいます。引き金とは、性的欲求のスイッチを入れてしまうようなもののことです。

 

 重要なのは、これらの引き金にどのように対処するかということであり、回避できるものは回避するのが鉄則とされています。例えば、痴漢行為をしてしまう人にとって、満員電車が性依存行為の引き金となりそうであるならば、「電車に乗らない」のが一番です。通勤方法を自動車や自転車に変えたり、場合によっては仕事先の近くに引っ越すなど、引き金を最大限避ける努力も重要になります。

 性依存症では、意志の力で性依存衝動に対抗するのは非常に難しいため、物理的にその行動ができないような現実的な対処方法を見つけて、実践していくことが肝心です。

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、性依存症治療のオンライン・グループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「性のオンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 性逸脱行動の動機 

 性依存症の性逸脱行為の動機には、どんなものがあるのでしょうか。司法の場においては、性犯罪を犯した者の動機については「すべからく性的欲求を満たすためである」と考えられがちだといわれます。果たして本当に性的欲求を満たすという動機から性的逸脱行為に至っているのでしょうか。

 ある方は、「日常的なストレスがあって、その発散のために行った」という動機を説明します。結果的には、何らかの性的興奮が得られたかもしれませんが、性的欲求を満たすために行った、というとどこか違うように思えます。他にも、「時間を持て余してしまったから」という動機を話す方もいます。

 「ストレス」「ヒマ」という問題・課題を解決する方法として性的逸脱行為が行われたという点からすれば、ストレス解消や余暇の過ごし方といった点で課題があるのではないかと考えられます。つまり、適切で望ましいストレス対処方法を十分に持っていないことがうかがわれます。

 単に性的欲求を満たすことだけが性的逸脱行為の動機であることは、実際には多くはありません。その人の生活などをよく見渡して、どのような状況やきっかけが性的逸脱行為につながっているのかをよく観ていくことが改善していく上では肝心です。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、性依存症治療のオンライン・グループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「性のオンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 性依存症 学習される行動の例

学習とは、経験によってもたらされる行動の変容を意味します。性依存症について、学習と強化という観点から眺めてみましょう。

 例えば、窃視障害では「盗撮をする」という行動に関して、盗撮がうまくできた場合では「うまく盗撮できた」という達成感や「性的に興奮できた」という満足感が得られます。

 まず初めに、盗撮=達成感・満足感という学習がなされています。また、達成感や満足感が得られることで、盗撮という行動が維持(強化)されます。盗撮したい対象がうまく見つからなかったり、対象が見つかっても撮影ができない場合もあるでしょう。しかし、何度かの試みで上手くいった体験があると、より盗撮行動が進展しやすくなります。

 上手くいった、満足できたという体験(報酬・強化子)は「次もこうすればいい」「今度は、こうした方がもっとうまくいくだろう」という学習へとつながります。

 こうした一連の流れによって、特定の行動が強化される「学習」と、学習によって獲得されたパターン行動が維持されていく「強化」によって、盗撮行動が維持されることが依存症の本質の一つだといえるでしょう。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、性依存症治療のオンライン・グループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「性のオンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 性依存行為に「はまる」

 依存症とは、ある特定の行為に「はまる」ということです。

 「はまる」とは、性依存症の場合では「耽溺する」という言葉が当てはまるかと思います。耽溺するとは、よくないことに夢中になって、それ以外のことをかえりみない状態にあることを意味します。

 性依存行為にはまっているときは、依存行為に夢中になっていて、他のことにはなかなか注目がいきません。これは、性依存行為という特定の行動が、パターン化されて維持されている状態です。

 特定の行動パターンが維持されるためには、何らかのフィードバックが得られている必要があります。フィードバックは、達成感であったり、満足感であったりですが、特定の性依存行為を続けさせようという動機づけにつながります。特定の行動をとる頻度が増えたり、維持されたりする状態を強化される、といいます。

 依存行為と達成感や満足感がセットになっていることで、依存行動が強化され、ますます抜け出せなくなってしまうのです。この場合、依存行動を強化している状況を変化させることが大切です。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、性依存症治療のオンライン・グループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「性のオンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 性依存症と意志の力

 反復する性的逸脱行為の背景には、依存症の要因が強く影響しています。

 本人も周りも、問題そのものに注目がいってしまい、その行為の背景に「依存症の問題」が関係しているということになかなか気づけないでいます。どうしてその行為自体にはまり込んでしまっているのかを、依存という観点から理解することが改善には有効になってきます。

 よく、何かに依存するのは「意志の弱さ」があるのではないか、ということが聞かれます。意志を強く持てば、あるいは大切な人や物を失うことを考えれば依存行為をやめられるのではないか、という意見です。

 

 しかし、依存症とは、自分の意志では依存行為をコントロールすることができないことが大きな特徴です。コントロールの障害には、脳の機能的な変化も関連してきますので意志の持ち方次第でどうにかなる、というものではありません。

 本人がやめたい、やめなければならないと思っていても、ある特定の状況になると、行為の衝動がうまくコントロールできず、再度行ってしまうケースが多いのです。この点を分かりながら性依存症の問題を考えていく必要があります。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、性依存症治療のオンライン・グループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「性のオンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 性依存症の間接的引き金

 性依存行為を起こしたくなるのは、直接的な引き金に出会ったときばかりではありません。仕事のストレスが溜まった時、イライラしたりすると、憂さ晴らしをするために依存行為をする、といったことはありませんか?

 自身の内的感情が引き金となって依存行動をしたくなるときがあります。目の前に対象者がいる、という直接的な引き金ではありませんが、間接的に性依存行為に影響を及ぼしています。これまで、どんな気持ちのときに依存行為をすることが多かったでしょうか?

 依存症全般に関する間接的な引き金としては、「H.A.L.T.」(ハルト)という感情状態があげられます。

空腹/幸せ:Hungry/Happy

怒り:Anger

孤独:Lonely

疲労:Tired

 これらを感じていると、依存行為が再燃する危険性があるといわれています。自分の感情をよくモニタリングして、適切な感情の状態に持っていくことが大切でしょう。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、性依存症治療のオンライン・グループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「性のオンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555