【4月20日(土)無料セミナー案内】性依存症における課題

 性依存症では、性問題行・強迫的性行動にはまり込むことで「嫌なことを忘れ」、気分を大きく変えられることで依存が高まっていきます。依存行為を行うと、気分が劇的に変化するので、繰り返し同じ手段に頼るようになっていきます。

 そのうちに「より頻繁に」なり、エスカレートしていってしまいます。しかし、自分では問題を認めにくく、自分の行動もコントロールできない状態に陥っていることが特徴です。

 性問題に限らず、依存症に共通する特徴としては、衝動制御の問題があげられます。特定の物質摂取、行為、関係性についての「こうしたい」衝動が突然に湧き上がってきたり、スイッチが入ったようにある行為等への欲求が生じてくるのですが、この衝動や欲求に対して有効に対処する術を持たないという課題を抱えています。

 本セミナーでは、臨床心理士が性依存症で困っている本人や周囲の方に向けて、性依存症の理解と支援の方法についてお伝えしていきます。性依存症で悩んでいる方や、その周囲の方の一助となれば幸いです。

*無料セミナーは4月20日(土)の14:00~ オンライン開催です。

 

【対象】

性行動に課題・問題を抱えている当事者、周囲の人

* 本セミナーでは、個人を特定することはありません。

お申込みフォーム (google.com)よりお願い申し上げます。

【無料セミナー】盗撮・痴漢等の性依存症の理解と支援 4月20日開催

 痴漢や盗撮といった触法行為に至ってしまっているケースでは、意志の力ではどうにもならずに「やめたくても、やめられない」状態に陥っている人が少なくありません。性問題行動を抱え、本人もしくは周りが困っている状態にある場合、「性依存症」として理解し、支援していくことが重要となります。

 本セミナーでは、臨床心理士が性依存症で困っている本人や周囲の方に向けて、性依存症の理解と支援の方法についてお伝えしていきます。

 本人の抱えている問題・課題はそれぞれではありますが、例えば盗撮であっても痴漢であっても、性問題行動につながるきっかけについての考え方や、対処には共通している点が多くあります。本セミナーが性依存症で悩んでいる方や、その周囲の方の一助となれば幸いです。

 

【開催日・対象】

開催日:4月20日(土) 14:00~15:30

対象:性行動に問題・課題を抱えている当事者の方、周囲の方

※ お申込みフォーム (google.com)よりお願い申し上げます。

● 窃盗症/クレプトマニアと賢さ

 窃盗行為からしばらく距離をとっていると、うまくやめ続けているという自信がついてきます。窃盗をしないで日常生活や社会生活をうまく過ごせることは、とても素晴らしいことです。

 窃盗症/クレプトマニアをはじめとする依存症において、たびたび課題になってくるのが「もう大丈夫」という考えです。もう大丈夫という安心感が得られることは確かに大切です。しかし、しばらくしていなかったから、これから先も絶対大丈夫、という保証は残念ながらどこにもありません。

 依存症で一番大切なのは、「強くなるより賢くなれ」という言葉です。

 窃盗症/クレプトマニアでは、「自分なら大丈夫だ」という強さを持つよりも、できる限り窃盗行為の引き金になる場に近づかないようすることが必要です。また、もしきっかけに近づいた場合でも、対処できるコーピングの手段を多く身につけておくことも重要です。

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアとコーピング行動

 ストレスは、日常的にどんな人でも受けるものです。ストレスを受けたまま、そのままにしておくと何らかの問題に陥ることも少なくありません。人は無意識のうちにストレスを解消したり発散したりする行動をとっているのですが、窃盗症/クレプトマニアといったプロセス依存では、ストレスの解消法の幅が狭いことが多くみられます。

 ストレスへの意識的な解消行動・対処行動を「コーピング」とよびます。コーピングの力が十分に高いと、ストレスを上手く解消していくことができます。

 しかし、コーピングの力が弱い、選択肢が少なかったりすると、ストレスに対して効果的な対処ができない状態におちいります。

 ストレスに対処できない=窃盗症/クレプトマニア、とは限りませんが、窃盗症/クレプトマニアのケースでは強いストレスの解消法として無意識に窃盗行為を用いていることが多くみられます。

 そのため、ストレスに対する意識的な対処、つまりコーピングを、窃盗行為以外の方法でなるべく多く身につけておくことが重要です。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 盗まない1日の積み重ね 窃盗症/クレプトマニア

 窃盗症/クレプトマニアは、行為(プロセス)依存の一つです。窃盗を繰り返し行うことで、窃盗への抵抗が弱まっていき、次第に自分ではどうにも止められない状態に陥ってしまいます。

 どうして盗ってしまうのか、という原因を探ることは簡単ではありません。根本には、何らかの成育歴上の困難があったかもしれませんし、窃盗の直前には何らかのストレスといったきっかけがあったのかもしれません。

 では、窃盗症/クレプトマニアではまずどんなことをすればいいのでしょうか?

 日常的に万引き・窃盗をしてきた人たちにとって、これまでの自分とは違う再犯しない自分になることは簡単ではありません。そのため、何よりも盗まない1日を積み重ねていくことが大切になります。

 窃盗症/クレプトマニアは、「盗むという行為にはまり込んでしまっている」依存の状態であり、自分ではその衝動をコントロールできないことが特徴です。依存症は自分の意志の力だけで対応できるものではありません。再犯しない生き方に向けて適切な治療、支援が重要です。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 性依存症の治療の鉄則

 性依存行為に至りやすいリスクの高い状況は、電車などの混雑した場所、人気のない場所、ストレス、性的欲求不満、孤独感、ポルノやアダルトサイト閲覧などが代表的です。

 ただ、どのような状況はリスクが高いのかは、人によっても異なります。その人によってハイリスクな状況を「引き金」といいます。引き金とは、性的欲求のスイッチを入れてしまうようなもののことです。

 

 重要なのは、これらの引き金にどのように対処するかということであり、回避できるものは回避するのが鉄則とされています。例えば、痴漢行為をしてしまう人にとって、満員電車が性依存行為の引き金となりそうであるならば、「電車に乗らない」のが一番です。通勤方法を自動車や自転車に変えたり、場合によっては仕事先の近くに引っ越すなど、引き金を最大限避ける努力も重要になります。

 性依存症では、意志の力で性依存衝動に対抗するのは非常に難しいため、物理的にその行動ができないような現実的な対処方法を見つけて、実践していくことが肝心です。

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、性依存症治療のオンライン・グループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「性のオンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアとストレス

 ストレスとは、外部からの刺激によって体の内部に生じる反応のことをさします。人間では特に職場や家庭における不安・緊張・恐怖・怒りなどの心理・社会的ストレスの強く影響されるといわれています。

 ストレスには、良い緊張感といった正のストレスと、心身にネガティブな影響のある負のストレスがありますが、負のストレスなどをうまく制御ができなかった場合には、不適応を起こして心身の不調を引き起こします。

 窃盗症/クレプトマニアに至るきっかけとなる出来事はそれぞれ人によって異なります。しかし、窃盗症/クレプトマニアの多くのケースでは、ストレスに対する対処方法として窃盗行動をとるといわれています。そのため、窃盗行動でストレスが緩和できたときには、次も同じような行動でストレスに対処しようという学習がなされます。この学習によって、窃盗行為は強化されていきます。

 次第に、どのようなストレスに対しても窃盗行動をとるようになり、いつの間にか、ストレスに対する対処行動であったものが、窃盗行動そのものが目的となっていってしまうのです。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアの行動変化

 窃盗症/クレプトマニアでは、社会における「行動」が問題となっています。窃盗・万引きは触法行為であり、社会的にも問題となってしまう行動です。

 そのため、窃盗症/クレプトマニアでは問題となっている「行動」の変化を目標にするのですが、行動を変えるためには、新しい行動の仕方などのスキルを学ぶことが重要です。

 窃盗行為は、ストレスを解消したり、欲求をすぐに満たせることができるとても強力な方法です。したがって、ただ「変わろうという思い」だけではなかなか行動は変えられません。自分がどのような場面・状況で窃盗行為をしていたのか、自分の内面をよくながめていくことが必要になります。

 変化するためには、自分の中での「気づき」が必要です。この気づきを得るためには、新しい行動について学び、その中で自分のモノの見方・考え方の特徴を理解し、こうすればよかったんだ、という実感(感情)がともなってはじめて行動を変えていくことができます。

 行動を変えていくには、1つ1つの学びをしっかりと進めていくことが何より大事になります。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 性逸脱行動の動機 

 性依存症の性逸脱行為の動機には、どんなものがあるのでしょうか。司法の場においては、性犯罪を犯した者の動機については「すべからく性的欲求を満たすためである」と考えられがちだといわれます。果たして本当に性的欲求を満たすという動機から性的逸脱行為に至っているのでしょうか。

 ある方は、「日常的なストレスがあって、その発散のために行った」という動機を説明します。結果的には、何らかの性的興奮が得られたかもしれませんが、性的欲求を満たすために行った、というとどこか違うように思えます。他にも、「時間を持て余してしまったから」という動機を話す方もいます。

 「ストレス」「ヒマ」という問題・課題を解決する方法として性的逸脱行為が行われたという点からすれば、ストレス解消や余暇の過ごし方といった点で課題があるのではないかと考えられます。つまり、適切で望ましいストレス対処方法を十分に持っていないことがうかがわれます。

 単に性的欲求を満たすことだけが性的逸脱行為の動機であることは、実際には多くはありません。その人の生活などをよく見渡して、どのような状況やきっかけが性的逸脱行為につながっているのかをよく観ていくことが改善していく上では肝心です。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、性依存症治療のオンライン・グループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「性のオンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアの治療モデル

 窃盗症/クレプトマニアの治療目標は「再犯しないで過ごしていけること」です。

 主流になっているのが「再発防止/リラプス・プリベンション」モデルです。一度やめることができたら、再発したいとは思わないでしょう。再発を防ぐために、あらかじめ、いろいろな対処方法を持っておき、予防することができるようになることが大切という姿勢です。

 ただ、窃盗症/クレプトマニアとは窃盗衝動をうまくコントロールできない状態にあります。何らかのきっかけ(引き金)があると、再び窃盗行為を繰り返してしまう、という性質があり、再発はつきものといわれています。

 

 もちろん、再発がない方が望ましいのはいうまでもありません。そのため、予防するための対処方法を身につけておく必要があります。

 ここで気に留めておいてほしいのは、再発とは必ずしも再犯や再行動をさすわけではありません。窃盗行為をしていたときの考え方や行動に近い状態になっていることを再発と呼びます。そこから再行動に至らないよう、対処することが大切です。

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555