● 窃盗症/クレプトマニアと賢さ

 窃盗行為からしばらく距離をとっていると、うまくやめ続けているという自信がついてきます。窃盗をしないで日常生活や社会生活をうまく過ごせることは、とても素晴らしいことです。

 窃盗症/クレプトマニアをはじめとする依存症において、たびたび課題になってくるのが「もう大丈夫」という考えです。もう大丈夫という安心感が得られることは確かに大切です。しかし、しばらくしていなかったから、これから先も絶対大丈夫、という保証は残念ながらどこにもありません。

 依存症で一番大切なのは、「強くなるより賢くなれ」という言葉です。

 窃盗症/クレプトマニアでは、「自分なら大丈夫だ」という強さを持つよりも、できる限り窃盗行為の引き金になる場に近づかないようすることが必要です。また、もしきっかけに近づいた場合でも、対処できるコーピングの手段を多く身につけておくことも重要です。

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアとコーピング行動

 ストレスは、日常的にどんな人でも受けるものです。ストレスを受けたまま、そのままにしておくと何らかの問題に陥ることも少なくありません。人は無意識のうちにストレスを解消したり発散したりする行動をとっているのですが、窃盗症/クレプトマニアといったプロセス依存では、ストレスの解消法の幅が狭いことが多くみられます。

 ストレスへの意識的な解消行動・対処行動を「コーピング」とよびます。コーピングの力が十分に高いと、ストレスを上手く解消していくことができます。

 しかし、コーピングの力が弱い、選択肢が少なかったりすると、ストレスに対して効果的な対処ができない状態におちいります。

 ストレスに対処できない=窃盗症/クレプトマニア、とは限りませんが、窃盗症/クレプトマニアのケースでは強いストレスの解消法として無意識に窃盗行為を用いていることが多くみられます。

 そのため、ストレスに対する意識的な対処、つまりコーピングを、窃盗行為以外の方法でなるべく多く身につけておくことが重要です。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 盗まない1日の積み重ね 窃盗症/クレプトマニア

 窃盗症/クレプトマニアは、行為(プロセス)依存の一つです。窃盗を繰り返し行うことで、窃盗への抵抗が弱まっていき、次第に自分ではどうにも止められない状態に陥ってしまいます。

 どうして盗ってしまうのか、という原因を探ることは簡単ではありません。根本には、何らかの成育歴上の困難があったかもしれませんし、窃盗の直前には何らかのストレスといったきっかけがあったのかもしれません。

 では、窃盗症/クレプトマニアではまずどんなことをすればいいのでしょうか?

 日常的に万引き・窃盗をしてきた人たちにとって、これまでの自分とは違う再犯しない自分になることは簡単ではありません。そのため、何よりも盗まない1日を積み重ねていくことが大切になります。

 窃盗症/クレプトマニアは、「盗むという行為にはまり込んでしまっている」依存の状態であり、自分ではその衝動をコントロールできないことが特徴です。依存症は自分の意志の力だけで対応できるものではありません。再犯しない生き方に向けて適切な治療、支援が重要です。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアとストレス

 ストレスとは、外部からの刺激によって体の内部に生じる反応のことをさします。人間では特に職場や家庭における不安・緊張・恐怖・怒りなどの心理・社会的ストレスの強く影響されるといわれています。

 ストレスには、良い緊張感といった正のストレスと、心身にネガティブな影響のある負のストレスがありますが、負のストレスなどをうまく制御ができなかった場合には、不適応を起こして心身の不調を引き起こします。

 窃盗症/クレプトマニアに至るきっかけとなる出来事はそれぞれ人によって異なります。しかし、窃盗症/クレプトマニアの多くのケースでは、ストレスに対する対処方法として窃盗行動をとるといわれています。そのため、窃盗行動でストレスが緩和できたときには、次も同じような行動でストレスに対処しようという学習がなされます。この学習によって、窃盗行為は強化されていきます。

 次第に、どのようなストレスに対しても窃盗行動をとるようになり、いつの間にか、ストレスに対する対処行動であったものが、窃盗行動そのものが目的となっていってしまうのです。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアの行動変化

 窃盗症/クレプトマニアでは、社会における「行動」が問題となっています。窃盗・万引きは触法行為であり、社会的にも問題となってしまう行動です。

 そのため、窃盗症/クレプトマニアでは問題となっている「行動」の変化を目標にするのですが、行動を変えるためには、新しい行動の仕方などのスキルを学ぶことが重要です。

 窃盗行為は、ストレスを解消したり、欲求をすぐに満たせることができるとても強力な方法です。したがって、ただ「変わろうという思い」だけではなかなか行動は変えられません。自分がどのような場面・状況で窃盗行為をしていたのか、自分の内面をよくながめていくことが必要になります。

 変化するためには、自分の中での「気づき」が必要です。この気づきを得るためには、新しい行動について学び、その中で自分のモノの見方・考え方の特徴を理解し、こうすればよかったんだ、という実感(感情)がともなってはじめて行動を変えていくことができます。

 行動を変えていくには、1つ1つの学びをしっかりと進めていくことが何より大事になります。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアの治療モデル

 窃盗症/クレプトマニアの治療目標は「再犯しないで過ごしていけること」です。

 主流になっているのが「再発防止/リラプス・プリベンション」モデルです。一度やめることができたら、再発したいとは思わないでしょう。再発を防ぐために、あらかじめ、いろいろな対処方法を持っておき、予防することができるようになることが大切という姿勢です。

 ただ、窃盗症/クレプトマニアとは窃盗衝動をうまくコントロールできない状態にあります。何らかのきっかけ(引き金)があると、再び窃盗行為を繰り返してしまう、という性質があり、再発はつきものといわれています。

 

 もちろん、再発がない方が望ましいのはいうまでもありません。そのため、予防するための対処方法を身につけておく必要があります。

 ここで気に留めておいてほしいのは、再発とは必ずしも再犯や再行動をさすわけではありません。窃盗行為をしていたときの考え方や行動に近い状態になっていることを再発と呼びます。そこから再行動に至らないよう、対処することが大切です。

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアにおけるリスクの考え方

 窃盗症/クレプトマニアとは、精神的・社会的なリスクをおかしてまで、万引き等の問題行動を行う状態です。冷静になって考えてみると、社会的なデメリットの方が大きいことは分かっているのに、「盗みたい」という衝動が抑えられず、万引き等をおこなってしまうのです。

 精神的リスクとは、「やってはいけないとは分かっているけれど、止めることができない、どうしたらいいのだろうか」といったように、その行為によって葛藤や罪悪感が生じ、本人の精神的な健康がネガティブな状態になることです。

 また、社会的リスクとは「窃盗という法に触れる行為をすることで、社会的な地位・ステータスを著しく損なう場合」のことをさします。

 

 窃盗症/クレプトマニアでは、このようなリスクを分かっていながらも、リスクを過小評価してしまう傾向にあります。そのため、リスクをおかしてまで望ましくない窃盗行為・万引き行為をしてしまうおそれがあります。意志の力だけでは衝動性をコントロールできないのがプロセス依存の特徴ですので、適切な治療・支援が望まれます。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアと環境調整

 生活するうえで問題の生じにくい状況へ変えていくことを「環境調整」と呼びます。他の課題であっても窃盗症/クレプトマニアであっても、できるだけ問題を発生させるきっかけとなる状況を避けることは有効な対処方法といえます。

 しかし、万引き・窃盗の再犯率は高く、何度服役してもその後再犯に至るケースが少なくないのが実情です。「盗むことができない環境で盗まない治療」ではなく、「盗める環境で盗まない」ようになることが窃盗症/クレプトマニアの治療においては、非常に重要になってきます。

 

 日常生活には、様々なきっかけが潜んでいます。どのような環境が窃盗・万引きの引き金となるのか、その時の状況、気持ち、実行に至る過程を振り返ることを通して、自分にとって再犯しないでいられる環境を整えていくことが大切になります。

 また、ここでいう「環境を整える」とは、どのように考えたり行動したりすれば再犯を防げるのかを探ることも含めます。盗める環境でも盗まずにいられるのかを実践していくには、窃盗症/クレプトマニアのメカニズムと再発防止に向けた自己理解を進めていくことが重要です。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアと食習慣異常

 一般的な窃盗症/クレプトマニアの症例では、摂食障害とまでいかなくとも、何らかの異常な食習慣が見出されることが多いといわれています(竹村道夫より)。窃盗症/クレプトマニアにみられる代表的な異常な食習慣を以下にあげます。

A.明らかな摂食障害があるが治療歴がない。

B.30%以上の体重の増減がある。

C.夜間の過食習慣がある。

D.一日一度しか食事しない、後はお菓子をつまむだけ。

E.自発性の嘔吐習慣がある。

F.チューイング(噛み吐き)の習慣がある。

G.ダイエット中のアスリート。

H.糖尿病などのダイエット中である。

I.極端な偏食がある。

J.摂食障害既往のない窃盗症患者が、良好な治療経過中にダイエットを開始したら、途端に再犯した。

 これらの例では、生理的な飢餓感を抱えやすい状態にあることから、涸渇恐怖やためこみマインドにつながりやすいこと、涸渇恐怖やためこみマインドが窃盗衝動の原動力となっている可能性があると考えられています。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアと摂食障害との関連

 窃盗症/クレプトマニアでは、摂食障害との合併が多く、何らかの食習慣の異常を持つケースが多いといわれています。窃盗症/クレプトマニアと摂食障害が重なる要因として、「飢餓感」、「涸渇恐怖」などがあります。

 強いストレス下では心理的飢餓感が生じやすくなります。欲求が満たされていない場合には、人は何らかの形で欲求を充足させようとします。しかし、健全な方法がわからなかったり、挫折体験をすることで自己肯定感が保てなくなったとき、現代人は変身願望からダイエットにしがみつくといわれます。痩身維持に失敗すると摂食障害を発症してしまいかねません。

 

摂食障害患者は、

「心理的飢餓感」

「生理的飢餓感」

というダブルの病的飢餓感を持ちます。これから、「自分の物や資金が減る」「周りからの自分への評価が下がる」という涸渇恐怖が生じます。摂食障害では、この恐怖に対処するために買い物の際に予備の資金を減らさずに多くの商品を入手したいという衝動、つまり盗みたい衝動に駆られてしまうといわれています。

 適切な形で欲求が充足される方法を身につけることが、窃盗症/クレプトマニアに至るのを防ぐことにつながるといえるでしょう。

 

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555