● 性依存症における誤魔化し

 依存行為を行っていると、どうしても嘘をつくことが多くなってしまいます。

 嘘は他人にだけつくのではありません。自分自身に対しても嘘をつくことが多くなっていきます。

 漠然とした不安感におそわれたとき、自分の気持ちにきちんと目を向けないまま、盗撮や痴漢といった性依存行為でまぎらわせてしまうようなことはありませんか? その不快感は、イライラだったのでしょうか、傷つきだったのでしょうか。いったい何が嫌だったのか、なぜいらだったのか、どんなことに傷ついたのでしょうか?

 そうした自分自身のこころの状態から目をそらし、性依存行為を行うことでうやむやにしてしまった経験は、多くの人が持っているはずです。性依存行為を繰り返し、自分のこころの痛みをごまかしたり、周囲の人に嘘をついたりしている限り、安定した人間関係や安定した生活を保ち、安定した精神状態を保つことはできません。

 自分の不安やいら立ち、ストレスなどに、きちんと向き合わず、性依存行為でまぎらわしても、根本的な問題は何も解決されず、ますます依存行為を頼るようになってしまいます。

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、性依存症治療のオンライン・グループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「性のオンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

● 窃盗症/クレプトマニアとスケジュール立案

 窃盗行為をやめて間もないとき、「何もすることがない時間」は危ないといわれています。空白の時間ができてしまうと、つい「窃盗についての問題行為」について考えてしまい、また行ってしまう可能性が高まってしまうからです。

 こうしたときには、スケジュールを立てることが有効です。一日を安全に過ごすことができるようにスケジュールを作り、その通りに行動することは、窃盗行為をしない平穏な日を伸ばしていくためのよい方法の一つといわれています。

スケジュールを立てることは次のような良い点があります。

・窃盗行為につながる可能性のある場面を避けることができる

・可能性のある場面に行くとしても、対策を立てることができる

 改善の第一歩は、窃盗行為につながるような行動、場面を避けることです。また、うまく行動できるようになってきたら、代わりの望ましい行動をスケジュールしてみることも大切です。

 あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センターでは、窃盗症/クレプトマニアのオンラインでのグループ・プログラムを実施しています。下記の電話番号まで、「オンライン・プログラムについて」とお問い合わせください。

あつた白鳥クリニック 依存症・嗜癖治療センター 052-671-1555

【4月20日(土)無料セミナー案内】性依存症における課題

 性依存症では、性問題行・強迫的性行動にはまり込むことで「嫌なことを忘れ」、気分を大きく変えられることで依存が高まっていきます。依存行為を行うと、気分が劇的に変化するので、繰り返し同じ手段に頼るようになっていきます。

 そのうちに「より頻繁に」なり、エスカレートしていってしまいます。しかし、自分では問題を認めにくく、自分の行動もコントロールできない状態に陥っていることが特徴です。

 性問題に限らず、依存症に共通する特徴としては、衝動制御の問題があげられます。特定の物質摂取、行為、関係性についての「こうしたい」衝動が突然に湧き上がってきたり、スイッチが入ったようにある行為等への欲求が生じてくるのですが、この衝動や欲求に対して有効に対処する術を持たないという課題を抱えています。

 本セミナーでは、臨床心理士が性依存症で困っている本人や周囲の方に向けて、性依存症の理解と支援の方法についてお伝えしていきます。性依存症で悩んでいる方や、その周囲の方の一助となれば幸いです。

*無料セミナーは4月20日(土)の14:00~ オンライン開催です。

 

【対象】

性行動に課題・問題を抱えている当事者、周囲の人

* 本セミナーでは、個人を特定することはありません。

お申込みフォーム (google.com)よりお願い申し上げます。